私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva


週末は、近所のGEOでレンタルしてきたアメリカの人気テレビドラマ
「私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva」のSEASONを観ていた。
全7巻。おとー(My husband)と全部一気に観た。面白かった手

こういうものって紹介が難しい。
あんまり詳細に語ると、読んだ人は「ふ〜ん。」って観る気が失せるだろうし、
そっけなく語ると、「あっそ。」ってな感じでやはり観る気が失せる。

とにかく観て欲しいハートってのが希望なので、観たくなるような紹介をするよう頑張ってみるkyu






「私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva」
DROP DEAD DIVA.jpg

法廷モノのコメディドラマ。
原題の「DROP DEAD Diva」はコロッと逝った女神、って意味かな。

物語は主人公がいきなり事故で死んでしまうとこからスタート。
ちょっとおバカな売れないモデルの デビー は天国に行くも、
天使のいじるパソコンのリターンキーを押して(!)地上に戻ってくる。
ここんとこ、DROP DEAD DROP をもじっているのかな。



デビー。

DROP DEAD DIVA 6.jpg

サイズ0だって。アメリカサイズだから、日本サイズでは5〜7号くらいかな。
う〜ん。もうちょっとガタイ良く見えた・・・
あちらの方って日本人と比べると、骨格がっちりしてるもんね。




んで、デビーの魂は地上に戻るも、
ちょうど同時刻に命を落とした ジェーン というおデブちゃんの弁護士の身体に入ってしまう。



ジェーン。

DROP DEAD DIVA 2.jpgDROP DEAD DIVA 3.jpg

頭が良くて、super busy な lawyer。
どー見ても残念な外見。サイズは16号。XL〜XXLぐらい(すげーマジで)。




知性の冴えないモデルの魂が、外見の冴えない弁護士の身体に宿る。
で、繰り広げられるストーリー。
ってのが、このドラマ。


法廷モノのアメリカドラマは腐るほどある。
こんな風に身体が入れ替わるってのもありがちな発想。
だがしかし、このドラマの何がそんなに魅力的なのかというと、
それは主人公のジェーン役のブルック・エリオットによるところが大きいのだと思う。


ちなみにデビーの魂が宿り、メイクやファッション、そして決めのポージングもイカしているジェーン。

DROP DEAD DIVA 4.jpgDROP DEAD DIVA 5.jpg




あれっ?冴えなかったデブのジェーンがなんかキラキラしているきらきら
ちなみに、法廷でもヒールでモデルウォーキング。
クルっとターンし、判事に向かって、腰に手を当てる決めのポーズ。
まるでブロンドの髪のモデルの頃のような、髪をはらう仕草。
ただのデブがそんなことやったら、普通におかしい。
けれども、ジェーンは似合う。かっこいい。キュート。




身体も知性(記憶)もそのままのジェーンにデビーの魂が入った。
デビーは知性のカケラもなかったけれど、
彼女には機転とか柔軟性とか、(頭が良くないなりの)世間で培ったものや、
天性のポジティブさがあった。
美人でスタイルが良かったから、自分に自信があったし、
卑屈さとか、そういうネガティブなものがあまりなかった。・・・アタマ悪かったのも一因か???
性格が良いのとはちょっと違う。
周囲に対する気遣いとか、思いやりはあまりなかったと思う。・・・アタマ悪かったからかな???

元々のジェーンは賢く有能で、でもコンプレックスの塊。
デビーの魂が入ったことで、彼女らはどんなふうに融合していくか。



う〜ん、これ、ジェーンのなかにあった、抑圧されたもう一つの人格との統合、って見方もあり?って考える。
そんなに小難しい、深いドラマではないのは重々承知。
でも、いろんな見方をして遊ぶのは楽しい。

死ぬほどの大事故によって、普段の自分以外の自分というものを認知する。
相手に対し、否定・拒絶を繰り返しながら、二人は混然としてくる。
・・・・かーっくいー



自分をいかに美しく魅力的に見せるかにしか興味のなかったデビー。
かたや、自分の外見にコンプレックスを抱えていたジェーン。
二人の病(感受性)は一緒。
ユング的な見方をすれば、デビーはジェーンのシャドウ(自分の影)であったともいえないかな。
ジェーンが生きられなかった、生きたかった人生。
美人にスタイルよく生まれて周りにちやほやされたかった、という。


このシャドウとの統合って難しい。
映画【ブラックスワン】では、主人公ニナは彼女のシャドウであるリリーとの統合を果たすが、彼女は死んでしまう。



SEASON4の最後で、天国から『ジェーン(魂はデビー)』を観察していた『ジェーンの魂』は
「私の人生を滅茶苦茶にしている」と凄く憤慨する。
多分ね、デビーの方はシャドウとかあまりないんじゃないかな・・・アタマが悪いから???
好きに生きていたせいもある。
ジェーンは無意識のうちに、願望・欲望を抑圧してきたから、
これはジェーン側が相当キツイ。
統合への苦しみを、ジェーンは乗り越えられるか。




このシリーズ、SEASON6まで続くらしい。
だからまだまだ先は長く、お楽しみが続くのは嬉しい。
どんなふうに彼女らが統合していくのかが楽しみ。
是非、最後に私をうならせて欲しい(笑)






ストーリーは毎回、法廷ネタが2つくらい同時進行で(絡み合うこともあり)進められる。
脇役の弁護士たちもいいし、ジェーンの親友でやはりおバカなステイシーも超可愛いハート


肩の凝らない、元気になれるドラマ。
12月3日にSEASON1〜3が各2000円台で発売される。
買っちゃおうかな〜って悩み中。
ひょっとしたらレンタル代とそうかわんないかも。おススメです。



では。


 

<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode