抗生物質


西瓜の季節すいか

スイカ1.jpg
車で10分位のところに【食遊市場】という卸団地がある。
卸の食品街。
昔は業者売りのみだったらしいが、最近は一般客もOKで賑わっている。
でも、どれもがそんなに凄く安いってわけじゃない。
今は流通が発達しているしね。ネットでの買い物は便利で安いし。
でも、この西瓜に関していえば、
このあたりでは一番イイものが安く手に入るところだと思う。


おとー(My Husband)は「西瓜はなんてたって“鳥取西瓜”!!!」というこだわりが長年あったが
(今、確認してみたら、
「鳥取っていうか、日本海側の西瓜が美味しいよ。でも鳥取が一番好きかな。」と嬉しそうに語りだした。)、
いちいち取り寄せるのもアレなので、近場で買えるのを試しに食べてみたら、
この近辺でとれる“函南(かんなみ)西瓜”も結構美味しいことを知りました。

上の写真は“函南西瓜”の『優』印ちゃん
『優』印と『秀』印があって、『優』の方がいいモノなんだって。
「初めて『優』を買ってみちゃったおいしそう」と、おとーが嬉しそう。

この人は「食べることが生きがいハート」と豪語している(でも胃弱な人あせ)。
憧れの職業はフードファイターだったそうだ。


スイカ2.jpg
あんまり綺麗に切れなかった(笑)
いつものように、西瓜の半分は冷蔵庫へ、
半分のうちの4分の3は私が、4分の1はおとーが食べる。

一人で食べる時は半分をスプーンですくって食べる。
至福ハート





思いっきり話は変わって、抗生物質について。

先週、歯科医院でインプラントの為に奥歯から2番目の歯を抜いた。
抜歯当日は、受付でクスリ(抗生物質&痛み止め)を貰い損ね、
「これ幸い♪」と何も飲まずにいた。
元々、抗生物質や痛み止めはなるべく服用しないようにしているので。
ホリスティック関係の人達ってそういうの多いよね。

翌日消毒の為に再来院したら、今度はちゃんとクスリ(抗生物質&痛み止め)を渡された。
「昨日飲まなかったから、もう大丈夫なんじゃないかな・・・」という私に、
「でも今後悪くなったら困りますので・・・」と、既にお困り顔の受付の女性。
「わかりました笑顔」と笑顔で答えると、女性はホッとした表情。
でも飲まないも〜ん
と、はなっから飲む気ゼロで帰宅した。

1日目、2日目は普通に痛かった。
3日目も痛かった。
4日目は痛み&腫れが増してきた・・・。
5日目は激痛が・・・。奥歯以外の歯まで全部イタイい。
6日目でギブアップ。
おとーに「えっ?そんなに痛がっていたのに(抗生物質)飲んでなかったの?」と驚かれた。

気合でなんとかなるって思ってたけれどダメだった。
1日目と2日目はホメオパシーレメディを摂ったんだけどね。

完全降伏のもと、今さらながら抗生物質を飲み始めました。
おとーに「飲むんだったらちゃんと飲まないと効かないよ」と言われ、渋々一日3回ちゃんと飲んだよ。
二日間、ちゃんと飲んだら痛み&腫れが治まってきました。
凄いね、抗生物質!!(笑)

激痛にはアロマで対処した。
以前に歯茎の炎症の痛みにユーカリプタスの精油の原液を患部にたらしてみたら凄く効いたので
(口内は粘膜なので良い子の皆さんはあまり真似しない方が良いと思います。)、
又試してみたら、今回も良く効いた。痛み止めクスリのかわりということで。
この精油、殺菌作用や抗炎症作用、鎮痛・鎮静作用があるとされる。
うちのおとーの蓄膿症にこの精油が良く効いたので、あまり巷では多く使われる精油でないかも知れないが、
うちでは専ら重宝するようになった。スッキリとした爽やかな香りです。



以前、転んで膝がしらを9針縫った時も、腕を骨折した時も、クスリ(抗生物質&痛み止め)は飲まなかった。
だから今回も飲まなくて大丈夫だと思ったけれど、甘かったかな。


歯科医院から貰ったクスリ。


抗生物質は【セフカペンピボキシル】




歯科医院に処方してもらっていた分だけでは足りなくて(炎症が進んじゃったからだろう)、
おとーに調達(処方)をお願いしたクスリ。

フロモックス.jpg
【フロモックス】



有効成分は同じものらしい。

【セフカペンピボキシル】はジェネリック薬。
ジェネリックは安いんだって。

特にインドでは特許が無効なために大量のジェネリック医薬品が生産されているそうです。
このあたりはネットで調べると色々出てきて面白いよ。


【セフカペンピボキシル】と【フロモックス】の二つは、
有効成分は塩酸セフカペン ピボキシルと言うセフェム系の抗生物質。
基材とか添加物が少々違うらしいです。
でもその少々違う部分でアレルギーが出たりする人もいるみたい。まぁ、飲んでみないとわからないやね。



私は口内環境が悪いので、今回は惨敗したんだと思う。
歯科医院で、口内の唾液を採って顕微鏡で見せて貰ったら毒性の強い菌がウヨウヨしていた。
衛生士さんも「一見、綺麗に見えたのに、意外ですねー」と驚いていた。
口内の虫歯菌て2歳頃までに感染するものらしい。菌を持っている人のスプーンを共有したりしてね。
だから、これはの責任です。
(あの世にいる母さん、聞いてるか〜?)



自分の弱点は心得ておくべきだと、つくづく思い知った1週間でした。


では笑う



 

<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode