本日のニュースとプルービング201906

 

 

これは少し以前の写真(投稿するの忘れていた)。マルイの通販で買ったおとーのベルト。
おとーに「いい歳のオヤジへの・・・若い彼女からプレゼントのようなデザインベルトだね」と笑っていた。
若い彼女?・・・・いい意味で受け取っておこう(笑)

20190602ベルト

 

ペイズリー柄。確かに若いコが選びそうではあるけれど、でも最近の若いコ事情を知らないので何とも言えない。。。

20190602ベルト2

 

 

 

今日のランチはおとーがパスタを作ってくれた。タコと行者ニンニクのトマトソースパスタ。

20190602パスタ

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

逮捕の元農水事務次官「長男から日常的に家庭内暴力」

 

(動画はYouTubeより)

 

農林水産省の元事務次官が同居している44歳の長男を包丁で刺したとして逮捕された事件で、元事務次官が「長男から暴力を受けていた」と供述していることが分かりました。

 

 この事件は1日午後、東京・練馬区の住宅で農林水産省の元事務次官・熊沢英昭容疑者(76)が同居している長男の英一郎さん(44)を包丁で刺して殺害しようとしたとして、現行犯逮捕されたものです。

 

 英一郎さんは1階の和室の布団の上で胸などを複数回刺されていて、搬送先の病院で死亡しました。

 

 その後の捜査関係者への取材で、熊沢容疑者が英一郎さんから「日常的に家庭内暴力を受けていた」と供述していることが分かりました。捜査関係者によりますと、英一郎さんは仕事をしておらず自宅にいることが多く、事件当日は「小学校の音がうるさい」と言って、熊沢容疑者と口論になったということです。

 

 「(小学校の)運動会が終わったのが(午後)3時すぎくらいなので、その後に事件があったということなのだと思うのですよね。時系列でいうと」(近所の住人)

 「(Q.被害者の英一郎さんを知っていたか?)全然知らなかった。(Q.熊沢容疑者に息子がいたことを知っていたか?)知らなかった」(近所の住人)

 

 警視庁は、熊沢容疑者と英一郎さんとの間に長年にわたりトラブルがあったとみて、動機について詳しく調べています。(02日17:22)

 

---------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

「周囲に迷惑かけてはいけないと思った」
と殺人未遂容疑で逮捕されたこの元次官の男性が語っていたそうで、
事件直前に、家庭内で頻繁に暴力を振るう無職の息子が「小学校の音がうるさい」と言って口論になったのだそうだが、
登戸の殺傷事件のように、小学生相手に無差別の殺傷事件でも起こされたら・・・と父親は危惧したのかなぁ。。。

 

 

家庭内暴力にしろ引きこもりにしろ、当の本人や家族だけでは解決することは無理なんでしょうね。

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

プルービング日誌。

 

5/31

不明瞭な淡い夢だったので思い出せず。

 

 

 

6/1



朝、目覚めると、私は男の人とベッドにいた(カフカの「変身」風のアンニュイな雰囲気)。
起きて廊下に出ると、ドロッとした塊があちこちに落ちている。母が「それは〜〜〜だから」と言って(まるでおまじないか何かのように)片付けないで(大事に)そのままにしている。私は汚いので掃除して欲しかったが黙っていた。祖母が何か片付けものをしているが、認知気味のせいか使いかけの醤油が沢山出てくる。母がそれを怒っている。
部屋に戻ると、掛け布団に猫の粗相?の汚れがあり、私がカバーを外し洗面所で洗っているとガーゼの部分が破れてしまう。ベッドにいた彼がやってきて「そんなの捨てれば?」と言って部屋に戻る。
私も部屋に戻ると彼は私に関わっているある男性が気になる様子の発言をする。「その人とはそういう仲じゃない。名前も思い出せない」と言いながらも、私は心の中では「この彼のことだってそんなに好きじゃない」と思っている。

 

 

△頭頂部を押すと痛い。

△今日は、車の運転(車線変更時の見切り等)が下手くそだった。

 

 

 

 

6/2



地球の危機?の為、疎開の支度をした。
トランクに荷物を詰め込んで支度をすると、母が家の近くのバス停に立っていて「あっちの方向に行けば誰々と一緒だから(行きなさい)」と言っている。
私「このバスはどこに行くの?」
母「わからない」
行き先もわからず、誰それと合流できるかどうかも不確かなので、私はバスには乗らずにトランクを持ったまま仕事に行くことにする。
新しい職場の面接?の場で「月食(?日食?)の絵を描きなさい」と上の立場の人に言われ、描いた紙を提出する。
スタッフ専用のラウンジバー?があって、そこでコーヒーの準備がしてある。窓のすぐ向こうの斜面には植物が一面に生えている。菖蒲の葉のような植物が枝垂れて密生しているところから「シャラシャラ」と良い音がする。スタッフがハーブのような植物の肉厚の葉をちぎり「これはコショウの葉で、これでご飯を炊くと美味しいよ」と言う。沢山のハーブがあり見ているだけで楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

この三日間程、おとーの同情と関心を引きたくて「おみっちゃんはね、おみっちゃんはね・・・」としきりにおとーに話しかけていた。
「おみっちゃん、大丈夫?」というおとーの気遣いの言葉(←無理矢理言わせていた)に「うん♪、おみっちゃんはね、今日はね・・・うふふ・・・」とクスクス笑いながらひとりでブツブツ喋っていて、私自身は結構楽しかったんだけれど、おとーは「はー、ウザかった・・・」とボヤいていた(笑)

 

おとーは「妖精さんのレメディだね」と言っている。
私はエアリーなPuls.のようなレメディじゃないか?と見ている。

 

 

本日は通常モード。
夫「おみっちゃん、大丈夫?」
私「大丈夫に決まってるでしょ?」

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

特徴的な夢は見なかったのだが、Mindの変化が楽しめたレメディのプルービングだった。
もう十分堪能した感があるのだが、
実は本当にレメディを摂るのは明朝(!)。
ドラッグレメディ程に面白そうでもないのだけれど(おそらく今回のレメディはドラッグレメディではない)、
ちゃんとスーパーバイザー(森麗子さん)の管理の下にプルーバーを体験するのは初めてで、
毎日れいちゃんと電話でやり取りするのも楽しみだし、
引き続き日記を公開し続けまーす。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 


<< | 2/97PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode