£150

 

 

てんまる。モフモフしていて抱き心地は最高です。

20180430てんまる

 

 

 

春がすみ。ミニのつるバラ。綺麗な色のフリフリ八重咲で棘もなく扱いやすい。
一昨年、病気で処分した薔薇の枝を挿し木したもの。ぐんぐん成長している。

20180430がすみ

 

ディスタントドラムスゴルデルゼの蕾。

20180430ディスタントドラムスとゴルデルゼ

 

ブラックティーの蕾。ティーの香りがする。渋い色が魅力。

20180430ブラックティー

 

インターナショナルヘラルドトリビューン。毎年たくさんの花を咲かせてくれる優秀なコです。

20180430インターナショナルヘラルドトリビューン

 

イレーヌワッツ

20180430イレーヌワッツ1

 

咲き進むとこんな風になる。表情が変化する薔薇は面白い。

20180430イレーヌワッツ2

 

マチルダ

20180430マチルダ1

 

もう10年以上のお付き合い。いつまでも元気でいてくれてありがとう。

20180430マチルダ2

 

咲き進むと全開になる。

20180430マチルダ3

 

イレーヌワッツプレイボーイ

20180430イレーヌワッツとプレイボーイ

 

プレイボーイ。元気なビタミンカラー。

20180430プレイボーイ

 

おとーのバラ(名前知らず。大阪でおとーが選んで買った薔薇)。

20180430おとーのバラ1

 

大輪です。なかなかの美花。

20180430おとーのバラ

 

芍薬。

20180430芍薬

 

クレマチス。良い色。どんな花とも相性が良い気がする。

20180430クレマチス

 

お気に入りのジギタリス。

20180430ジギタリス

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

腱引きの稲田先生の施術で超絶不調は脱したんだけれど、
その後もやや不調が続いている。
昨日は理容室で気持ち悪くなっちゃって、2度ほど横にならせてもらった。
「家まで送って差し上げましょうか?」と優しい髪士TSUNさんに言われたけれど、
ちゃんとおとーが迎えに来てくれました。ありがたや。

TSUNさんお気遣い下さってありがとう。

 

 

今週は京都でのホメオパシーの講義。
絶対何が何でも行くよ。這ってでも行くよ。お金払っちゃったもん。

 

実は授業内のライブケースのクライアントに申し込んでいて
(学生たちの目の前でジェレミーとセッションするのだ
・・・おとーに「皆の前で晒し者になるなんて俺は絶対に嫌だ」と言われてしまった(笑))、
だから今の状態を見て貰って、レメディを処方して貰うのだ。

 

 

 

ホメオパシー界の巨匠、
ジェレミー・シェアに最高のレメディを選んで貰おう!!

 

(これでCaust.の12cとか処方された日には、ちゃぶ台ひっくり返すよ!)

 

 

 

 

ちなみにジェレミー先生 Dynamis授業でのライブコンサルテーション料金は、
初回が£150(通常£400)で、
2回目以降の授業内でのフォローアップ30分で£75とのこと。

 

£はポンド。
£150って22,500〜22,600円位かしら。
£400が60,000円位なのでお得っちゃーお得かな(その分、晒し者になるのを覚悟しなくちゃならない)。

 

 

 

事前に問診票を渡されて、今迄摂ったレメディを、

あれは反応した、これは反応しなかった、って山ほど記入しておいたから、
多分一般的なポリクレストレメディではなくって、
ジェレミーの作ったレメディの可能性が高いんじゃない?とおとーが楽しみにしている。

 

 

 

さてと。では。

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode