フレッチャー先生のホメオパシー分析 2

 

 

本日のてんまる。もうすぐ三歳。

20180228てんまる

 

 

 

先週から取り掛かっていた、鉢植えの土の入れ替えがやっと終わった。
へとへとですぅ〜。

 

 

 

 

というわけで、手抜き鍋。
昨夜は鶏鍋。

20180228昨夜の鍋

 

今夜は豚団子鍋。厚揚げも入れた。

20180228今夜の鍋

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

さて、フレッチャー先生のホメオパシー分析といきましょー。

 

 

 

 

・・・の前に、もう少し『セッション(原題は【Whiplash】)』の内容について
ざっくり説明しておきます。(ネタバレ勿論あり

 

 

 

 

 

主人公は19才のアンドリュー・ニーマンという男の子。

20180226ニーマン4

 

 

ニューヨークの名門音楽学校1年生。多分ジュリアード音楽院を示唆しているんじゃないかな?(よぉわからんけれど)。
アンドリューは世界的に一流のジャズドラマーになりたい、と思っている。

 

 

家はあんまりお金がないみたいで奨学金で学校に通っている。
父さんは優しそうな人で、アンドリューと一緒に映画観に行ったりとかしているんだけれど、
アンドリューが赤ん坊のころにお母さんが家を出たエピソードとか、
物書きなんだけれど本業は高校教師とか、
なんていうのかな、甲斐性がないっていうのかな、
親戚からもお父さんはなんとなくバカにされている感じ。

 

 

その有名音楽院にはすっごく有名なコーチがいて、
それがフレッチャー先生。
フレッチャー先生の私的なバンドなのか、そのへんは学校の仕組みってよくわからないんだけれど、
そのフレッチャー先生が率いているビッグバンドジャズに入ることが出来れば、
もう将来の栄光が確約されたも同然で、だからそのバンドは皆の憧れの的。
で、アンドリューは頑張って頑張って、フレッチャー先生に大抜擢される。

 

 

・・・されたはいいが、 このフレッチャー先生はメチャクチャ怖い。
軍隊並みにフレッチャー先生の一挙一動に生徒たちはビビる。

 

 

 

 

『リズム叩いてみろ』
『んー、走ってる』
『うーん、今度は遅れてる』
『走ってる』
『遅れてるぞ』

 

バーン
(ここで瞬時に椅子が飛ぶ)

 

 

 

 

 

『お前、自分で速いか遅いかもわからないのか!』
『・・・わ、わかりません』
『口でテンポ言ってみろ』
『1、2、3、4』
(“4”のところでビンタ)
『1、2、3、4』
(“4”のところでビンタ)
『1、2、3、4』
(“4”のところでビンタ)
『1、2、3、4』
(“4”のところでビンタ)
『1、2、3、4』
(“4”のところでビンタ)

 

 

 

 

モラハラもたくさん。
「だから母親はお前のおやじから逃げたんだ」
「お前なんてユダヤの〇✖△■・・・」

 

(この映画、放送禁止?用語が盛り沢山(汗))

 

 

 

 

 

 

 

 

汗だくで手から血を流しながら泣いちゃうアンドリュー。

20180226泣いちゃうニーマン

 

 

『こういう話を知っているか?』とフレッチャー先生は生徒たちに熱く語り掛ける。
「チャーリー・パーカーっていう有名な天才ジャズミュージシャン(楽器はサックス)は、まだ下手くそだった16歳の頃、ジョー・ジョーンズという有名ドラマーにシンバルを投げつけられた。で、その16歳の少年は悔しくって懸命に練習して、後に『バード』と言われる天才モダンジャズの先駆者になった。シンバルを投げつけられなければ、チャーリー・パーカーはバードになれなかったんだ!」ってね。

 

 

 

 

『俺は「Good Job」って言葉が嫌いだ。それを言われたら人間ダメになっちゃうんだ』
ともフレッチャー先生は云う。

 

 

 

 

生徒達はフレッチャー先生が怖くてしょうがなくて、
それでも憧れのフレッチャー先生の語る一言一句に真剣に耳を傾け、懸命に指導についていこうとする。

 

 

 

 

こういうひとのことを、

 

カリスマ教師

 

というんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

さて、そろそろ分析いきますか。
いつものようにエレメント分析から入ります。

 

フレッチャー先生は間違いなく優性エレメントは『火』。
『火』は利己性、欲望、怒りのエレメント。
個人的な引力、勇気、霊感を持つ。

 

一番劣勢なのは『水』だろう。
フレッチャー先生は感情的に鈍感でドライな感じ。
(文字通り “潤い” がないのだ)

 

 

 

2番目のエレメントに何を持ってくるか(『土』か『空気』のどちらか)というと、
それは映画のシーンの中にヒントがあった。
フレッチャー先生が、ドラムの主奏者争いを3人にやらせたとき、
例のごとく『速い!』『遅い!』『ファッキンテンポーっ!』と怒鳴り続け、
3人に交代でどかちゃかドラムを叩かせる。ドラムには鮮血が飛ぶ。
これが夜の9時から深夜2時まで5時間ぶっ通しで続いた。

 

 

 

5時間だよ?

(フレッチャー先生に疲労の色は見えず・・・化け物かよ・・・もしくはキチ〇イ・・・)

 

 

 

 

 

 

この感じは『火』と『土』のミックスですね。

 

 

・・・佳境ですが、今日はもう疲れたのでここまで。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode