今日の分析は・・・

 

 

台風による『避難準備』という警報がうちの区域に出ている。

20171022避難準備

 

近くの川が氾濫するかもしれない。
落ち着かないので、今日のホメオパシー分析はお休みです。
楽しみにしておられた方、ごめんなさい(さて、そのような方がどのくらいいるのか(笑))

 

 

 

 

Mind - Delusions - destruction of all near the her; impending:
(精神症状 - 妄想 - 身近に破壊が迫る)

Kali-br.のみ2点

 

今、私はまさにこんな感じ。
これはKali-br.の有名なルブね。

 

 

 

 

他にも

Mind - Delusions - life: - threatened; life is:
(精神症状 - 妄想 - 人生が脅かされた)

Kali-br.のみ1点

 

Mind - Delusions - pursued; he was: enemies, by:
(精神症状 - 妄想 - 敵に追われた)

Kali-br.2点

 

Mind - Delusions - pursued; he was: police, by:
(精神症状 - 妄想 - 警察に追われた)

Kali-br.2点


こんな感覚を持っているのがKali-br.。

 

 

 

 

 

 

あー、のってきたのでやっぱりちょっと書くか(笑)

 

<トランプ氏>ケネディ氏暗殺の捜査資料、機密指定解除へ
10/22(日) 0:15配信 毎日新聞

20171022ケネディ

 

【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は21日、1963年のケネディ元大統領暗殺事件の捜査資料に関して「長年の機密指定を解除し公開を許可する」とツイートした。主に中央情報局(CIA)と連邦捜査局(FBI)による3100件数百万ページ分の文書は、これまでに多くが公開されているが、暗殺犯とされるリー・オズワルド容疑者の事件前の足取りなど新事実が明らかになる可能性がある。

 ケネディ暗殺事件は容疑者が逮捕2日後に射殺され、狙撃した男も多くを語らぬまま獄中死。真相が明らかにならない中、半世紀以上を経た今でもマフィアや軍需産業などが黒幕とする陰謀説がくすぶる。92年に制定された法律により、25年後の今月26日に全文書が公開されることが決まっているが、大統領権限で機密解除を制限することも可能で、トランプ氏の対応が注目されていた。

 公開されていない資料には、情報・治安機関の捜査手法や協力者の名前などが含まれているとされ、CIAなどが開示を拒んできた。トランプ氏が公開に踏み切った場合、激しい抵抗が予想される。

 

 

-------------------------------------------------------------------

 

 

Kaliの人たちって、基本規則や慣習に従う。それもかなり融通の利かないやり方で。
でも彼らは非常に『脅威』に弱い。で、仕方なく規範を破ることもある。
今のトランプの状況では、一般的な(地味な)Kaliだったら権力を維持するために多分CIAと裏取引でもするだろう。でもトランプだったらどうするかな・・・。暗殺されてもおかしくない境遇だったりして。。。

 

 

 

これがKali-br.の状況・・・かも?

 

 

では。

 

 

 

 

 

 


コメント
ご無事でしたか!?
こちらもお昼には晴れましたが
増水などで川の近くはまだ落ち着かないようです。
今夜はゆっくり眠れますように。
  • こっこ
  • 2017/10/23 6:00 PM
こっこさん、ご心配頂きましてありがとうございます。
こちらも大きな被害はないようでした。
こっこさんの近所にも川が?
お互い無事で何よりでしたが、
日本中あちこちで被害があったようですね。
風もすっかり落ち着いて安心しました。
  • とりあたま
  • 2017/10/23 10:12 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode