医療としての大麻

 

 

昨夜はきのこ汁。志賀高原の元ヤンの木村さんから天然のきのこを送ってもらった。

「ムキタケ」と「クリタケ」。絶品でした!

20161028-1.jpg

 

 

かぼちゃと鶏肉も投入。

20161028-2.jpg

 

 

「かんずり」をちょぴっと付けながら。

20161028-3.jpg

 

 

 

そして今夜も鍋。

まだあるキノコとイカ団子で。

 

イカ団子のアップ。曇って見えない(笑)

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------

 

 

雨が降り出す前に。

「金蓮歩」

20161028-4.jpg

 

 

ポリアンサローズの【レオニーメラッシュ】(オレンジ)。

20161028-5.jpg

 

 

黄色のミニのつるバラ。「リトルルチア」。今は蕾のみ。

20161028-6.jpg

 

これ、黒星病にかかりやすくて酷いと葉が全部落ちてしまう程。

それでも花をよくつけていた。花にも飽きて(←ひでー)

何度も捨てようとしたけれど踏ん切りがつかないま日陰に追いやった。

それでも枯れなかった。先月、保水材を土に混ぜたのが良かったのか木が生き生きしだした。

枯れ枝をとっぱらったら大分スッキリとしていい感じ。

何年も悪環境だったのに、へこたれずご機嫌そうな様子のこのバラに改めて感動した。

リトルルチア=小さな光って意味だろう。

植物から受け取るメッセージって説教臭くなくていい。

外界から感じ取るメッセージって自分の心の投影でもあるんだよね。

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------

 

 

医療用の大麻合法化を訴えていた、元女優の高樹沙耶、本名、益戸育江容疑者(53)が逮捕された。

「医療用大麻」ってなんじゃい?って興味持たれた方はこちらを。

高樹沙耶容疑者逮捕、彼女が訴えていた医療用大麻ってどういうもの?

https://thepage.jp/detail/20161025-00000006-wordleaf

 

 

・・・合法化に向けて地道に真面目に運動に取り組んできた人たちにとっては迷惑な話だろう。

 

 

 

 

定期購読している「NATIONAL GEOGRAPHIC」。去年の6月号。

20161028-7.jpg

 

 

大麻を「秘薬の宝庫」と呼び研究を続けている人々がいる。

大麻の代表的な有効成分テトラヒドロカンナビノール(THC)は、精神状態に影響を与え、多幸感をもたらす。

もうひとつの主要成分、カンナビジオール(CBD)は医薬品としての多くの用途があるとみられていて、

高揚感などの精神作用を人間に及ぼすことはない。

このTHCを含まずCBDやその他の成分をたっぷり含んでいる品種を栽培することは可能で、

実際それは、多発性硬化症乾癬、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、

認知症、統合失調症、骨粗しょう症、筋委縮性側索硬化症(ALS)など

さまざまな疾患や障害の治療に役立つことが期待されているのだ・・・。

 

・・・・

脳腫瘍に関する研究では、

大麻に含まれるTHCCBDを既存の抗がん剤テモゾロミドと併用することで、最大の治療効果が得られることが、

ラットの実験によりわかっている。この多剤併用療法は、さまざまな形でがん細胞を攻撃し、増殖を防ぐだけではなく、

アポトーシス(細胞の自殺)に導くようだ。

 

等の記載があった。(原文ママではありません)

 

勿論、THC含有量の多い大麻を長期にわたって吸引すると、脳の発達が阻害される恐れがある・・・との説明もあった。

 

 

記事には、現代医学ではどうにもならなかった “医療難民” の多くが、

大麻が合法化されているアメリカのワシントン州やコロラド州に移り住み、

例えば、今迄大量の抗てんかん薬で一日中眠っていた子供が、

CBDを多く含む大麻オイルによって、

発作は時々起こるが普通の子のように元気いっぱいに笑い声をあげ母親に抱きつき、もう入院するようなこともない、というような生活を送れるようになった。・・・というケースの紹介もあった。

 

 

大麻のDNA解析に取り組んでいる遺伝学者もいる。

「大麻の研究は大きな革新をもたらすでしょう。この植物に関してだけでなく、私たち人間の脳や神経系、心理についての概念が、がらりと変化するはずです。大麻の成分についての生化学的な知識が広がり、医療や農業、バイオ燃料などさまざまな分野の産業にも大きな影響を及ぼすでしょう。それどころか、私たちの食生活も変わる可能性があります。大麻の種子からは、健康に良いたんぱく質を豊富に含む油が取れることがわかっていますから。大麻は驚くほど豊かな資源なのです」

 

 

 

薬漬けの統合失調症や自閉症の子供を最近続けて診ることがあった。

多分、今後も増え続けていくのだろう。

医療としての大麻の研究開発が促進されることを望む。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode