薬について(ペニシリンとシャーマン)。



今年新入りの【ブル・ドゥ・ネージュ】。
日本名にすると「雪の玉」。綺麗なパールホワイトのオールドローズ。
まだ秋口のせいか小さい。

ブルドゥネージュ920.jpg




つい2〜3ヶ月ほど前に挿し木にした【ドミニクロワゾー】が根付いて花を咲かせた。
純白きらきら
花もちが悪くて、すぐに散ってしまうけれど、そこがまたよし。
“しべ”に特徴がある。見ていて飽きないバラ。
白バラ、好きハート

ドミニクロワゾー挿し木苗.jpg




左から、【チュチュオプティマ】【インターナショナルヘラルドトリビューン】【マチルダ】。
どれも好きなバラ。
どの挿し木も根付いた模様。

挿し木苗3種.jpg






昨日の丸谷才一の『絵具屋の女房』の話から。
“薬”について。

ペニシリン(Penicillin)は、1928年にスコットランド人のフレミングによって発見された、世界初の抗生物質。
これ、アオカビの培養液から生まれた。偶然の産物。
1945年に第二次大戦が終わるまでには、百万単位の人がペニシリンで助かった。
ペニシリン(Penicillin)てペンシル(pencil)に由来する。
その菌糸に中には鉛筆のような格好の茎をもつものがあるんだって。


さて、実は、カビを薬にして使ったのはフレミングが最初ではないんだそうだ。

 
  • イギリスの医師リスターは1882年に、看護婦が指を針で刺して敗血症になったとき、カビを塗って治してやった。
  • ワーナーとバウワーの1984年の著作には、メキシコの田舎ではペニシリンが発見されるずっと前から、産褥熱の女性にハキリアリの巣から持って来た菌の煎じ薬を飲ませて治していた、と記されている。
  • フランス人は伝染病を治すのにチーズのカビを使った。
  • 中世イギリスの乳しぼり娘は、怪我をすると、カビの生えたパンで傷に蓋をした。
  • 何千年も前の中国では、おできその他の皮膚の炎症に、カビの生えた大豆を使った。
  • 古典学者のリドルによれば、古代ギリシャの人々は、ギムナジウムの壁からカビのような汚れを取って傷につけた。
  • 紀元前166年のエジプトで、パピルスにこんなことが記されている。「しかしもし傷がひどく腐ったら、だめになった大麦のパンの包帯をせよ」。
  • さらに1991年、アルプス山地の氷河地帯で発見された、5000年前の(つまり新石器時代の)男の遺体=アイスマンは、手首に毛皮のバンドを巻いて、これにバーチフンギを糸で縫いつけてあった。バーチは樺の木でフンギは菌類。樺の木に生えている菌類もしくはキノコのこと。つまりアイスマンは、人類最古の救急箱を携えていたというのが現代の定説。



こういう話が繰り広げられていく。
丸谷才一の『絵具屋の女房』、面白いでしょ?
これらはプロトキン著の『メディシン・クエスト』に依るものらしい。
面白そうだからAmazonで注文しちゃった。



ここには著者の体験談も書かれている。in アマゾン
なんと、シャーマンの治療を受けたんだって。
わー、いいないいないいないいないいないいなハート



で、こんときの話の詳細は割愛するけど、
要は、現地では明らかに効いた糖尿病薬(4種の植物を使用)が、アメリカの研究室では分析がダメだったそうだ。
著者は化学者に、これはどうしたわけだろうと訊ねたところ、答えはこうだった。

研究室での作業では、薬の作用を裏付けるような強力な物質を探して、個々の分析をおこなう。
しかしシャーマンの薬は共同作用で働く。
複数の薬草の成分の相乗効果とか、
シャーマンの歌う歌、
アロマテラピー(芳香のついた天然油脂を用いてのマッサージ)、
普通のマッサージなどが、
患者の精神状態に作用して、薬物の化学物質を受け入れようとさせるのだ。



えーっ???
これ、本当に化学者が言ったのーーー???
なんて、ススんでる化学者なんだろー。パチパチパチ(拍手)





これは宗教学者のエリアーデが『シャーマニズム』で述べている見解と一致するらしい。
彼に言わせると、南米のシャーマンの病気治しは呪術的なものだけではない。
シャーマンたちは動植物による薬効、
煙草の煙でいぶすこと、
歌、
患部のマッサージ、
補助霊の助けを借りて病因を探し出すこと(このときシャーマンはトランスにはいる)などをおこない、
最後に病原を吸い出して取り出す(ここが難解)のだそうだ。




あぁ、そういえば友達のスピ系整体師、治療後はしょっちゅうお腹や顔がパンパンに膨れていた。
おとー(My Husband)には
「腎臓が悪いんじゃない?一度ちゃんと検査受けた方がいいよ」とか言われていたけど(笑)
こういうことをやってたのかー。納得。
(あとで、メールで確認しておこー。)



というわけで、一応セラピストの私としては
治療用の歌でも用意しとかなアカンかなーわーい、などと
昨日から楽しく考えてるあは



ではニコッ

 

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode