砂糖

 

 

日陰花壇のヒヤシンスが咲いた。いまのところ白ばっかり咲いている。

20170328-1.jpg

 

 

ユリ科ホトトギス属の「ハクラクテン(白楽天)」。山野草なので日陰に強い。

20170328-2.jpg

 

 

一昨年、鉢に植え替えたオダマキ。もうすぐ咲きそう。

20170328-3.jpg

 

 

 

--------------------------------------------------------------------

 

 

昨夜は舌平目のムニエル(夕方、スーパーで2割引きだったえへ)。おとーが焼いた。

健康チックにバターではなくオリーブオイルで。ニンニクを効かせた。

20170328-4.jpg

 

舌平目と言えば小豆島を思い出す。

小豆島に住んでいた時に「そこにあるゲタガレイ、好きなだけ持っていきな〜」と、

知人から小ぶりのカレイがどっちゃり入っている袋を指さされた。

普通に煮て食べていいと教えて貰って、あまり期待せずに調理して食べたら、これが美味しいのなんの!!

スーパーでも頻繁に見かけお値段も安い。

このゲタガレイが(ちょっと小ぶりの)舌平目だと知ったときは美味しさに納得した。

舌平目というと「ムニエル」という発想だけれど、和風の煮つけでも凄く美味しい。

でもゲタガレイ=和風の調理、舌平目=洋風の調理って先入観が強くて、

だからうちでもついムニエルにしてしまった(笑)

 

そういえば、小豆島では朝のスーパーで取れたての大きな真鯛が鱗付きのまま1尾500円で売られていたりしたなー。

 

 

 

 

 

 

今夜は豚肉のソテー。ランプ肉。おとーが焼いた。

すみません、手抜きです。とりあえず品数だけ揃えました的な食卓。

20170328-5.jpg

 

美味しかったのはアサリのお味噌汁。

20170328-6.jpg

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

スウェーデンの母親が娘に砂糖を一切与えないようにした結果 ⇒ 怒りっぽかった性格が穏やかに、野菜嫌いが野菜好きに

http://www.yukawanet.com/archives/5191323.html

 

 

 

お菓子が大好きな子どもたち。日常には甘いものが溢れかえっているのですから、当然です。 
スウェーデンのあるお母さんはふと思いました。 
「娘に一切砂糖を与えないようにすると、一体どうなるのかしら?」 

 

お菓子が大好き!子どもにはそんなイメージがあります。 
実際、ごはんよりもお菓子の方が喜ぶお子さんは多いのではないでしょうか。 
ごはん前にお菓子はやめてよ、なんて注意するお母さんの声もよく聞きます。 

大人でさえ、体によくないとわかっちゃいるけどやめられないお菓子。 
まだ幼い子どもが自分でコントロールできるわけがありません。 
中には多量の砂糖が使われているものも少なくなく、子どもに与える量は考えねばなりません。 

スウェーデン人のLarssonさんは、4歳の娘さんをもつお母さん。 
彼女はふと思い立ち、娘さんに砂糖を与えないようにしてみたのです。 

 

その結果を、Facebookで報告しているLarssonさん。 
多くな人が彼女の記事に興味をもち、コメントしています。 

どの程度徹底的に砂糖を断ったのかはわかりません。 
とにかく、お菓子は一切たった様子。 
最初はお菓子がほしくてほしくて泣きじゃくった娘さんですが…… 

2週間ほどたったころ、娘さんに変化があらわれてきたといいます。 

 

それまでは感情の起伏が激しく、怒りっぽく、なかなか寝付かなかった娘さん。 
しかし、砂糖を断ち始めてから、なんとずいぶんおだやかになり、夜もすぐ寝付くようになったのだとか。 
その変化は誰の目にも明らかだったそう。 

 

 

そして味覚にも変化が。 
今まで嫌っていた野菜を、おいしいと言って食べるようになったのです。 
これは大きな変化ですね。 

Facebookのコメントにはもちろん賛否両論ありました。 
否定派の意見としては、 
・栄養学的に、砂糖と今回の結果が関係あるとは言えない。 
・砂糖を完全にたつことは難しいし、それが子どもにとっていいとは思えない。 
という意見が目立ちました。 

Larssonさんは、今回の興味深い結果をぜひたくさんのお母さんに知ってもらいたいと、記事を作成したのだとか。 
これは、子育てだけでなく、我々にも考えさせられる記事ですよね。 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

目新しい話題でもないのだが。

 

ちなみに「一切砂糖を与えない」というのは糖質を断ったわけではなく、

あくまでも精製された砂糖の摂取を控えたということだろう。

それと、断ったのは砂糖だけではなくその他もろもろのお菓子の材料となるモノも含まれるってことだね。

 

 

そういえば、以前国内のニュースで(ソースが見つからないが)、

おやつをおにぎりに変えたら多動の子どもたちが大人しくなった、なんてのも読んだ記憶がある。

 

 

 

こんなニュースになるようなことか?当たり前じゃん!って思ったが、

「Facebookのコメントにはもちろん賛否両論ありました。」とあり、

そっかー、両論ってことは双方拮抗してるってことかー、と驚いた。

 

 

 

そうだよね。

 

砂糖は美味しいもんね。

 

皆、やめたくないよね。

 

 

でも身体には絶対悪いよ。

 

 

 

 

・・・とか言いながら、今日はハーゲンダッツのアイスクリームを食べました。

美味しゅうございましたテゴシマーク

 

 

 

 

 

そうそう、私はホメオパシーで肌荒れの相談を受けることが多いんだけれど、

肌荒れの人って必ず「水分を摂らない」傾向にあるし、

「お菓子食べちゃう」って方が多いです。

お菓子は肌にも良くないよ。

 

 

では。

 

 

 


| 1/715PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode